東京ダービー予想

いよいよやって参りました

中央開催日以外はほぼ毎日地方競馬

観ていたいた身としては日本ダービーよりも

楽しみと言っても過言ではない訳で

 

中央が産みの親であるならば

地方は寮母とでも言いましょうか

場面によっては産みの親以上の存在になる

場面もある訳です

 

 

何言ってるかわかりませんので

東京ダービーの話へ移りましょう

 

 

過去レースを振り返ると

気になるのは2012年から

ほぼオレンジ帽の7枠から勝ち馬が出ている点

 

同じ大井2000M東京大賞典やJDDも外枠有利傾向で、同じ3歳戦のJDDも外枠有利が顕著です

 

東京ダービーは7枠〜8枠に広げても

2012年から連対率は約25%、複勝率も約40%と

かなりの偏りが見られます

 

 

7枠以外からの勝馬と言いますと

2016年のバルダッサーレが3枠6番

2014年のハッピースプリントが8枠16番

 

ハッピースプリントは続くJDDでは6枠に入り

7枠のカゼノコの強襲にあい2着に敗れました

 

外枠有利には色々な要因がありますが

最初のコーナーまで距離が長いので

外枠の方がプレッシャー少なくポジション取りが楽という点が1番かと個人的には思います

 

当然外に先行が集まった際などは内でテンが早くなければ潰されるので不利になってくる訳ですね

 

 

 

 

ローテで言えば

ダービーの前に京阪盃・羽田盃が行われますが

京阪盃の掲示板組からの巻き返しも有ります

 

これはペースの問題が大きく

京阪盃や羽田盃はSペースもしくはMペースになりやすく東京ダービーでは大一番ということで先行争い激しくなりHペースになる為です

 

京阪盃や羽田盃でペースや展開が合わないながら掲示板に来た自力がある馬が

ダービーでハイペースになりラスト追い比べで自力で浮上してくる訳ですね

 

自力で言えば前年の全日本2歳優駿で中央勢には負けたものの地方勢の中では上位に来ていた馬などは盲点になりそうです

 

 

 

という訳で

私の予想はこんな感じに

(ブラヴール本命予定でしたが出走取り消しです)

 

◎ウタマロ

○ブリックオドーン

▲ボンモマン

▲コバルトウィング

△3.4.5.8.9

 

 

大外のウタマロから

母母レディタイクーンなのでノンコノユメが出たファミリーです2000Mへの延長も大丈夫でしょう

主役がレースごと変わる今年の牡馬路線なら

勢いで優勝もあり得そうです

 

 

ブリックオドーンは全日本2歳出走組の外枠

前走はハマった感があるものの2000M巧者の可能性有り

 

 

ボンモマンは完全に枠で買いましたが

父アンパサンドはフリオーソを破って東京ダービーを勝ちました

 

コバルトウィングは

1番期待されていた馬と言ってもいいでしょう

京阪盃と羽田盃は1人気に支持されながら

結果を出せず

と言っても京阪盃は2着な訳で力は上位なので

ラストの自力比べで浮上の可能性に期待

 

 

ご覧頂きありがとうございました