GWは地方競馬で

5/3に佐賀の3冠1冠目の

佐賀皐月賞が行われましたが

まだまだ地方競馬ではGW期間中に

重賞が行われますので少しまとめてみました

 

 

5/4㈪

かきつばた記念


1400MのJpnⅢ戦でJRAでダート短距離重賞が少ない事から黒船賞東京スプリントと同じく中央からも実力馬が参戦してきます。東京スプリント組が中心ですが成績的には半々でそこまで信頼度は高くは無い印象です

 

東京スプリントが行われる大井と名古屋ではコース形態が全く違うのが原因のひとつでしょう。名古屋は小回りで直線が短く先行力と小回りへの適性が必要です

東京スプリント組で狙うなら先行して差された馬を狙うのが良いでしょうか

 

 

2017年勝馬トウケイタイガーは黒船賞で4番手での競馬で6着でしたが地方勢では最先着、かきつばた賞では逃げの手で逃げ切りました。この時のトウケイタイガーの斤量は52キロと斤量にも恵まれましたが、このレース自体が軽ハンデ馬が良く馬券に絡むレースです。明らかにハンデ軽めの51キロは難しいですが、52キロから55キロの連対数は優秀で56キロ以上の見込まれた馬が苦戦する傾向にあります。直近3回はトップハンデが0賞

 

1・2人気は交流重賞らしく

馬券内と言う意味では安定しています

 

今年は黒船賞勝馬のラプタスが57キロで出走。例年よりはやや手薄なメンバーですが。さて、どう馬券を組みましょうか

 


5/5㈫
かしわ記念


例年フェブラリー後の再始動戦で実績馬が集まるレースです。基本的には中央勢での決着。地方馬フリオーソクラスでないと難しいでしょう

 

4歳馬が苦戦傾向。4歳で勝ったのはコパノリッキーホッコータルマエと後に種牡馬になるクラスの2頭でした


毎度ロンスパ戦になりますが、後方一気はで勝ち切るのは難しく、ロンスパで標的になりやすい4角先頭馬も先頭でゴールするのも至難の業。と言いつつ馬連や3連系で妙味狙うなら道中逃げもしくは2番手の馬でしょうか


今年は7頭立の地方は1頭と寂しい頭数ですがそんな中でもルヴァンスレーヴ復帰そして同世代のアルクトスと初対決やフェブラリーSの1〜3着馬の参戦など楽しみは多い1戦ではあります

 


5/6㈬
兵庫チャンピオンシップ


JRA勢にとっては最初の3歳重賞
伏龍S・ヒヤシンスS組に好走率が高めであるものの1勝クラスからの馬でも勝負になります。少し絞るなら前走勝っていた方が良いでしょう。前走負けたところから狙うなら芝だった馬に妙味ありです


また圧倒的に牡馬が有利傾向。牝馬だと後に関東オークスを勝つエスメラルディーナやクイーンマンボクラスの馬で

 

クリソベリルやケイティブレイブが優勝したレースですし、今年の優勝馬にも注目しましょう

 

 

ご覧頂きありがとうございました