2020年~2021年デビュー新種牡馬

 

2020年~2021年に産駒がデビューする

種牡馬について色々まとめてみました

もっと新種牡馬はいるのですが

個人的に注目している種牡馬に絞ったのはご了承ください

気になる新種牡馬がいれば追記していきます

種牡馬の【注目配合】【注目産駒】も随時追記していく予定です

 

 

 

 

 

アジアエクスプレス

ASIA EXPRESS

 

アメリカ/2011年生/栗毛

 

東京競馬場ダートコースで2歳の11月にデビュー

デビュー戦・特別と順調に勝ち上がり

芝未経験ながら朝日杯FSに挑戦し優勝

その年の最優秀2歳牡馬となりました

 

3歳時も数戦を芝で走り

ダート路線に切り替えレパードSを制覇

しかし、その後骨折により長期離脱

復帰後は重賞2着などはあったものの

朝日杯FSなどで見せたパフォーマンスを

再び見せることなく引退となりました

 

ヘニーヒューズは2017年の

ダート2歳チャンピオンサイアー

自身も仕上がりの早さを生かして朝日杯FSを制したように

産駒には仕上がりの早さが伝わりそうですね

ヘニーヒューズの産駒を見ても

芝でも走る産駒も出ていることから

アジアエクスプレスの産駒からも芝向きの産駒が

出ても良さそうですが基本的にはダート向きでしょうか

 

芝ならマイルまで

ダートならオールラウンドに

 

【注目配合】

デピュティミニスターのクロスでパワーを取り込む

【注目産駒】

☆マーズスペリオーレ

ダイナフェアリーファンシミン)の

牝系でルヴァンスレーヴやチュウワウィザード、アークヴィグラス、アイアンテーラーもこのファミリーです。トウケイヘイローもそうですね。母系にクロフネサンデーサイレンスが入る配合も良いです。

 

☆キミワテル

こちらもクロフネサンデーサイレンス

クロフネもしくはフレンチデピュティが入ってくるとホールドユアピースのクロスが出来るのもポイントです

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

エイシンヒカリ

A SHIN HIKARI

 

逃げ・先行を武器に

ハイレベルの毎日王冠

香港カップイスパーン賞も制したディープ系種牡馬

 

香港カップがトラックレコード

イスパーン賞が21世紀中のフランスG1における最高着差と

ディープ産駒の中でもトップクラスのスピード能力を持ちます

 

度々イレ込んだように気性難も抱えていたため

産駒にもそこが伝わる可能性もありますが

いい方向に出ればスピード能力を最大限に活かせそうです

 

【注目配合】

ディープの成功パターンのひとつ

Unbridledを配合する

【注目産駒】

☆レッジョエミリア

UnbridledStorm Cat

ディープ後継種牡馬キズナで今後ニックスになりそうなIn Realityなどなど

「これでもか!」という母系です

曾祖母のHalo RiverからはBCジュヴェナイルのキャッチアグリンプスやカネトシビバーチェの母ホームウォードなど

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

クリエイターⅡ

CREATOR

 

アメリカ/2013年生/芦毛

 

勝ち上がりまでに6戦を要しましたが

強烈な追い込みでベルモントSなどを制します

 

名血タピットの直仔

 

クリエイターⅡ自身が距離延長をこなしたように

産駒も延長もこなしてきそうですね

 

短距離でも十分走れると思いますが

中長距離のダートが主戦場になりそうです

 

【注目配合】

ファピアノ系で持続力をプラス

【注目産駒】

☆アイギーナの18

逆にはなりますが

デュードヴァン的な配合ですね

WarFrontが父でRubySlippersのクロスがあるというのがデュードヴァンの活力の源ではあるのですが...当馬自身もNijinskyFappianoのクロスという点はクリア

ナカヤマフェスタが出たファミリーなので底力も有りそう

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ダノンレジェンド

DANON LEGEND

 

アメリカ/2010年生/黒鹿毛

 

カペラSJBCスプリントを制すなど

ダートの短距離で活躍しました

 

父のマッチョウノが米2歳牡馬チャンピオン

祖母のカレシングが米2歳牝馬チャンピオンと

仕上がりは早そう

 

マッチョウノ特有の筋肉が

伝わってほしいところですね

ダート短距離をガシガシ先行

他馬がバテたところを交わしていくような

競馬が似合うと思います

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ディスクリートキャット

DISCREET CAT

 

アメリカ/2003年生/鹿毛

 

 

デビュー戦を勝利後ゴドルフィンへトレード

3戦目のUAEダービーでは

後の年度代表馬であるインソヴァールなどを寄せ付けず圧勝

その後も3歳シーズンは順調に走りましたが

4歳シーズンに入り熱発や故障で成績が下降し

3戦し引退となりました

 

日本併用前からアメリカ産馬は輸入されていて

エアハリファなどがいます

 

父フォレストリーはスピードの塊のような馬で

ディスクリートキャットにもそのスピードが伝わっています

短い直線のダートもしくは坂のないダートを

スピードそのまま駆け抜けるのが合いそうですね

 

粘りの血統ダマスカスを活かせれば距離の融通は

ききそうですがやはり基本的には短距離でこそ

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ドゥラメンテ

DURAMENTE

 

安平/2012年生/鹿毛

 

ダービーではディープインパクトそして父キングカメハメハ

持つレコードを更新しての勝利

2015年のJRA賞最優秀3歳牡馬となりました

 

説明不要の父キンカメもさることながら

母系もダイナカール・エアグルーブ・アドマイヤグルーブと

華麗なる一族

 

キンカメ系の種牡馬

ルーラーシップロードカナロア

1年目の産駒から活躍馬を出すのも特徴で

ドゥラメンテにも期待がかかりますね

 

現役時は活気を全面に出す場面も有り

早い時期の短距離戦にも対応できそう

ただ狙いはやはりクラシック路線の大物でしょうか

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ホッコータルマエ

HOKKO TARUMAE

 

浦河/2009年生/鹿毛

 

3歳の1月にデビューとやや遅め

デビュー戦を勝利では飾れなかったものの

2戦目を快勝し

夏にレパードステークスを制しました

 

JDDも敗れはしたものの3着と堅実な走り

4歳になって更なる成長を見せ

重賞5連勝やJBCクラシック東京大賞典

ビックレースも制しました

 

G1/JpnⅠ競争10勝という成績

2013・14・15年NARダートグレード競争特別賞

2014年最優秀ダートホース

 

祖母のアンフォイルドが北米4勝

母マダムチェロキーも4勝(すべてダート)

妹のコスモプリズムは

エンプレス杯TCK女王盃ロジータ記念で3着

とやはりダート適性が高い一族

 

母マダムチェロキーが46戦

ホッコータルマエ自身は39戦走ったように

丈夫な体質も伝えそうですね

ゆったりとした雰囲気と体形からも

ダートの中長距離向きの産駒に期待

3度ドバイ遠征したが帰国後もしっかり走っているので

ストレスは感じにくいか溜めにくいタイプ

そこが出てる産駒であれば凡走後の巻き返しなど

波乱を演出することもありそうなので注目していきたいです

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

マクフィ

MAKFI

 

イギリス/2007年生/鹿毛

 

2戦2勝で英2000ギニー挑戦

2歳チャンピオンのセントニコラスアビーに勝ち

無敗でクラシックホースに

ジャックルマロワ賞ではこの年の

年度代表馬ゴルディコヴァに勝ち

欧州最優秀3歳牡馬に選出されました

 

ヨーロッパにおいて

ガリレオに並ぶ重要種牡馬であるドバウィの直仔です

ヨーロッパだけでなく南半球でも年度代表馬を出すなど

各国でも高い適性を示しているので

日本でどういう成績を残すのか注目です

 

2~3歳で一気に勝ち進んだように仕上がりは早め

距離の融通は効きそうでスプリントから中距離

馬場は洋芝がベストでしょう

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ミッキーアイル

MIKKI ISLE

 

安平/2011年/鹿毛

 

JRA最優秀短距離馬に選ばれたディープ系の種牡馬

スプリント的な先行力でNHKマイルを制しました

5歳シーズンではマイルチャンピオンシップを制するなど

長くトップクラスの舞台で活躍しました

 

アエロリットやラッキーライラックがいるファミリー

母系は粘り強さや底力

粘り強さといっても母父がロックオブジラルタルなので

短距離を全力で走りぬくイメージの産駒が多くなりそうです

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

モーリス

MAURICE

 

日高/2011年生/鹿毛

 

デビュー戦でコースレコード

活躍が期待されるも3歳シーズンは0勝

休養中に堀厩舎へ転厩します

迎えた4歳シーズンは条件戦を連勝してOP入り

その後のダービー卿CT安田記念マイルCS香港マイルも勝ち

6戦全勝の成績で最優秀短距離馬に選出されました

合わせて年度代表馬にも選出され

ロードカナロア以来の最優秀短距離馬の年度代表馬となりました

 

翌年のチャンピオンズマイルも勝ち7連勝

安田記念札幌記念は足元をすくわれて2着に敗れるものの

天皇賞秋と引退レースとなった香港Cを連勝

 

最優秀短距離馬でありながら

晩年は2000Mにも対応してみせました

 

シャトル種牡馬として

オーストラリアでも繋養されています

 

戦績から晩成のイメージですが

2歳トレーニングセールで1番時計

デビュー戦もコースレコードと実は仕上がりは早そうで

産駒にも伝われば2歳戦から活躍できそうですね

 

父父スクリーンヒーローの特徴も引き出しそうで

持続力や粘りで小回りや時計の掛かる馬場などのローカルでも

良さそうですね

 

【注目配合】

【注目産駒】

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ラブリーデイ

 LOVELY DAY

 

安平/2010年生/黒鹿毛

 

 

新馬・野路菊賞と連勝するも

その後は4歳シーズンまでで1勝と結果が出ませんでした

迎えた5歳シーズンの中山金杯で遂に初重賞制覇

今までの足踏みが嘘のように京都記念も勝利し

重賞連勝を果たします

 

勢いそのままに

宝塚記念を制してG1ホースになるとその後も

活躍し天皇賞秋も制覇します

 

6歳シーズンは香港遠征

勝ちこそなかったものの堅実な走りを見せました

 

母ポップコーンジャズはスイートピーSの2着馬(1勝)と

やや地味ですが

近親にインティライミサンバレンティン・プレミアムボックス

スピークリーズン・オーバーザウォールアルバート

多くの重賞ウィナーがいてしっかりとした血統背景です

 

コンスタントに走れる体の強さは母系の影響でしょう

【注目配合】

【注目産駒】

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

リオンディーズ

LEONTES

 

安平/2013年生/黒鹿毛

 

2歳秋の新馬戦に勝利後

朝日杯FSへここでも勝利し

最優秀2歳牡馬となりました

 

明け3歳シーズンも期待されましたが

気性の難しさも有り弥生賞皐月賞と勝つことは出来ませんでした

ダービーも展開向かず5着と敗れ

秋の巻き返しが期待されましたが怪我により

底を見せぬまま引退となりました

 

 

シーザリオのお馴染みのファミリーで

エピファネイア種牡馬としても上々の滑り出し

エピファネイアの産駒がそうだったように

気分よく先行できるタイプはコンスタントに走ってきそう

父がキングカメハメハになることで

エピファネイアよりもダートで走れる産駒も出そうで守備範囲は

広くなりそうですね

母系によってはマイルまでこなしそうですが

基本的には1800M~2000Mが主戦場でしょうか

【注目配合】

【注目産駒】