先日競馬

フェアリーSはスマイルカナの逃げ切り。ディープにCaro、Storm Catが配されアプローチの仕方は違えどコントレイルやレッドベルジュールのソレですね。コントレイルやレッドベルジュールはUnbridled's SongなのでFappianoですが、スマイルカナはForty Ninerで前への意識が強いのがポイントかと思います。更にDanzigもプラスされて前への意識と言うより突進に近いスピードに。そういえば中山牝馬SをカワキタエンカもディープにForty Ninerですね。2着のチェーンオブラヴはMachiavellian持ちでシュヴァルグラン的な配合、3着のポレンティアは昨年のハーツクライ当たり年の大将格のサリオス同様DanzigNijinsky持ちとハーツクライ産駒のお手本のような2頭がしっかりと走りました。

バレバレですがペコリーノロマーノを次回短縮で。

 

12日のハーツクライ産駒で言えば、ロードレガリスとスワーヴアラミスのダートでしょうか。どちらもSadler's Wells持ちと言うことで、リスグラシューのような勝負どころでの底力があるタイプで更に上でどこまで走れるか注目したいです。

 

他には同日の中山1Rでブライアンズタイム2✕4のファイヴレターが勝利となかなか面白かった3日間開催でした。

 

ご覧いただきありがとうございました。