スワーヴリチャードから考える色々な事

ディープインパクトメモリアル

として行われたジャパンカップ

 

 

2着はカレンブーケドール

3着はワグネリアン

4着はマカヒキ

ディープインパクトメモリアルにふさわしく

ディープ産駒が上位に来たものの

 

勝ったのはディープ産駒ではなく

ハーツクライ産駒で

マーフィー騎手を背に

走ったスワーヴリチャード

 

カレンは津村騎手

ワグネリアンは川田騎手

マカヒキは武騎手

の日本人騎手

 

ディープと武騎手コンビが

唯一国内で負けたのが

2005年の有馬

 

その相手がハーツクライであり

鞍上がルメール騎手だった訳ですが

 

やっぱりそういうのあるんですかね

 

 

ハーツクライ産駒って

外人と相性良いのかなと思って調べてみました

 

まずは2015年からの

ハーツクライ産駒騎乗時の騎手別成績

 

f:id:nunununonu:20191128005407p:plain

 

やっぱりルメール騎手ですか

騎乗数に対して

勝率などもかなりの安定感です

 

 

そんでもって

こちらが今現在

短期免許で来日している騎手です

 

f:id:nunununonu:20191128005514p:plain

 

薄々気が付いてましたが

データ少なすぎて

これでは記事になりません

 

じゃあ騎手ごと

得意な種牡馬いるのか調べてみました

 

まずはムーア騎手

f:id:nunununonu:20191128010829p:plain

 

ディープ12勝でトップです

ちなみに身元引受先の堀厩舎のディープでは2勝で

複勝率は50%と全幅の信頼を置くまでとはいかないかなと

個人的には思いますがどうでしょ

 

 

続いてマーフィー騎手

f:id:nunununonu:20191128011901p:plain

 

こちらもディープが8勝でトップ

勝率や複勝率も高いです

ヘニーヒューズは秋の来日で2鞍乗ってますが

どちらも馬券外と数字落としましたが

それ以前は100%馬券内でした

 

 

こちらがデットーリ騎手

f:id:nunununonu:20191128012932p:plain

 

騎乗回数も少ないですし

雨の東京だったりと

その辺の影響もあり

サンデー系での勝ちは無し

 

残りの騎乗期間と

次回の来日でどうなるか楽しみです

 

 

そんでもってビュイック騎手

f:id:nunununonu:20191128013712p:plain

 

今回の来日で

この種牡馬にあまり乗ってないので

ほぼほぼ

それ以前の来日時の成績になるわけですが

ゴールドアリュールは4頭乗ってこの成績なので

得意なのかもしれませんね

 

 

ちなみにディープはこんな感じ

f:id:nunununonu:20191128014515p:plain

ノーチャンスのディープばかりでは無さそうだったので

これはなかなか面白い結果に

 

 

最後にスミヨン騎手

f:id:nunununonu:20191128014928p:plain

 

凱旋門賞のオルフェの分までと言わんばかりに

オルフェ産駒で勝率100%

 

種牡馬の話では無くなりますが

勝ち鞍の2/3が4枠よりも内なんですよね

ここら辺も注目ですね

 

 

なんの事かわからない記事でしたが

 

ご覧いただきありがとうございました!